読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#つくりおき

一人暮らしをする男性の雑な料理たち

【独身男性の現実】かんたん天然のりフリカケごはん

こんにちわ id:pokutuna です、みなさん三連休をどのように過ごしていますか? 僕はこのように過ごしています。

かんたん天然のりフリカケごはん

材料 分量(1人分)
食べきった味のりの入れ物 1個
ごはん 120g

f:id:pokutuna:20151010150646j:plain:w300

まず味のりを食べきります。
ボンヤリとしながら、拾っては食べ拾っては食べと繰り返していたら味のりが無くなりました。 だけどご安心、のりはまだ少しだけあるのです。

f:id:pokutuna:20151010150651j:plain:w300

フタを開けます。
味のりケースの底には、乾燥剤置き場の上げ底があります。

f:id:pokutuna:20151010150656j:plain:w300

上げ底を外します。
のりの細かい欠片がありました。これは天然のフリカケです。 通常フリカケなどで使用されるのりは、機械などで粉砕して作られます。しかしこれは一欠片一欠片丁寧に、輸送中の振動やのりを拾い上げる所作の中で作られてきた、天然のフリカケなのです。

f:id:pokutuna:20151010150700j:plain:w300

ごはんを入れます
木曜から炊飯器に残ってたごはんを、味のりケースに入れます。

f:id:pokutuna:20151010150708j:plain:w300

振ります。
ごはん全体にフリカケがからみました。

f:id:pokutuna:20151010150711j:plain:w300

完成です。
味のりケースから直接食べます。洗い物もしなくて済むので楽ちんです(箸は洗わず何回も使う)。 冷蔵庫の奥に眠ってた納豆もあわせて頂きます。賞味期限不明の納豆はジャリジャリと砂のような食感です。 冷えたご飯と砂のような納豆を口に運んでいると、心が安らぎます。

一般的な独身男性はこのように三連休を過ごしています。
それではまた!! See you next つくりおき!!