読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#つくりおき

一人暮らしをする男性の雑な料理たち

おひとりさまのおうちカレー

包丁を使う 火を使う

じとじととした雨の日が続きますが、いかが過ごされていますでしょうか。id:UDONCHAN です。洗濯物を部屋干しにしたところ、あまりに部屋の湿度が上がってしまい、思わず冷房を使ってしまいました。今年に入ってから初めてです。 ただ、外もそこまで暑いという訳ではないため、温度設定が難しく、28度設定では暑く、27度設定では寒いといった感じでこれはどうにもと困憊してしまいました。

さて、湿度も気温も高いとなかなか食欲も湧いてこないものです。このようなときは、さっぱりしたものというのもよいですが、香辛料の匂いで食欲を増進させるのも筋が良いと思いませんか?カレーをやっていきましょう。

R0012835.jpg

お一人さまですので、市販のルーを使うと量が多すぎます。ですので、食べる分だけ少量作りましょう。ルーを作るのは敷居が高く感じられるかもしれませんが、実はそれほど難しいものではないのです。スパイスと小麦を油を炒めるだけで出来てしまいます。

スパイスは市販のカレー粉を使えば非常に簡単ですが、自分で調合して好みの味付けにするのも楽しいものです。カレーを構成する最もベーシックな香辛料を以下の表にまとめてみました。

役割 種類 特徴
香り クミン カレーを特徴付ける香り
カルダモン カレーの清涼感を司る香り
ターメリック(ウコン) カレーらしい黄色い色付け
辛み チリペッパー(一味唐辛子) じっくりと後を引く辛味

これらに様々な香辛料を加えることで個性を表現できます。例えば、コリアンダーシードやオールスパイスで香りをより複雑にしたり、パプリカ粉を加えて少し違う色味にしてみたり、生唐辛子を加えて鮮烈な辛味を追加してみたり、応用次第で無限の味わいを実現できます。

前置きが長くなりました。今回は仕事帰りですので、シンプルで手軽なレシピにすることにしました。

R0012814.jpg

今回の食材(3人前)です。鶏もも肉約200g、玉ねぎ中1個、トマト1個です。独身男性ですので肉が多めです。

R0012816.jpg

R0012818.jpg

R0012820.jpg

まず玉ねぎは細かいみじん切りにするか、フードプロセッシングした後に軽く炒めます。拘る方は飴色になるまで炒めても良いのですが、軽く色が変わる程度でも充分美味しく仕上がります。手を抜けるところは手を抜きましょう。

R0012823.jpg

玉ねぎを炒めながら鶏肉の下ごしらえもしておきましょう。鶏肉は1口大に切り分け、塩胡椒を揉み込んだ後に、片栗粉をまぶしておきます。

R0012824.jpg

玉ねぎを炒め終わったら、いよいよルーを作っていきます。少し色気を出して、おろし生姜とマスタードシードを使うことにしました。マスタードシードはポップコーンのように爆ぜるので、火をかけ始めたら蓋をします。パチパチと音を立て始めたらフライパンをよく揺すりましょう。

R0012826.jpg

パチパチする音が一段落したら鶏肉を焼いていきます。本当は別の鍋で焼いたほうが良いのですが、一口コンロでは手間なのでルーを作るのと一緒に焼いてしまいます。

R0012827.jpg

鶏肉の表面の色が全体的に変わってきたら先ほどの玉ねぎのペーストにスパイス、小麦を加えて炒めていきます。ここで使うスパイスは上に挙げたベーシックなものだけです。また、小麦の量とどの程度焦がすかは好みですので、何度かやって良い具合を探してみてください。

R0012831.jpg

頃合いを見計らってチキンブイヨン1カップ半とカットしたトマトを加え、味見しながら塩を加えて味を整えます(トマトは本当は事前に炒めるのですが、入れるのを忘れていました)。今回はチリペッパーの辛味がやや足りないように感じたため、鷹の爪を種ごと追加しました。 なお、このときにチキンブイヨンの代わりにココナッツミルクを用いるとアジア風になって、そちらもお勧めです。

R0012833.jpg

チキンカレーの場合バターを加えると味に深みが出ます。大さじ1杯あたり勝利出来ますので、3~5連勝くらいしておくと幸せになるかもしれません。

R0012840.jpg

お皿に盛りつけたら早速食べましょう。市販のカレールーと比較して、スパイスの香りがはっきりしていて、非常に食欲をそそります。やや辛口にしたので、どんどんとスプーンを口に運んでしまい、すぐにペロリしてしまいました。 3食分作ったので、さあ2杯目も…としたいところでしたが、好きなだけ食べて良いお年頃ではないので、残りはジップロックに入れてつくりおきとして冷凍しました。

インドでは各々の家庭で定番のレシピが存在するようです。一方で、日本では便利なカレールーが存在するので、スパイスを調合することはあまり一般的ではありません。ですが、このように少量作ることが出来ますから、皆様是非挑戦されてみてはと思います。

世界中には星の数ほどの香辛料があり、カレーを作る際にはそのどれを使っても構いません。未知の香辛料への探求と出会いはとても楽しいものだと思います。香辛料と同様に、生物学的人間でかつ女性も世界中に大量に存在し、約35億人もが地球上に生息しているにもかかわらず、僕に良い出会いが発生しない事実は一体どういうことなのでしょうか。Omiaiに登録しましたが、ちっともマッチングしないのはどういうことなのでしょうか。僕に価値が無いということでしょうか、世の中において役割が存在しないということでしょうか。カレーの香辛料ひとつとっても、それぞれに役割があり、最終的な味わいに寄与しています。僕は何に寄与しますか?大変不穏になってきましたが、チリペッパーに含まれるカプサイシンによるものかもしれません。チリペッパーの入れ過ぎにはご注意ください。サンキューでした。