読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#つくりおき

一人暮らしをする男性の雑な料理たち

水餃子と魔女

id:nisemono_sanです。皆さんは水を飲んでいますか?

非公認の江戸しぐさによれば、水呑み百姓とは「豪勢な食事ができるのにも関わらず、倹約を心掛けるために水を呑むのが、百姓の間で流行った」そうですが、全部でたらめです。単なる貧乏のことです。ところで私も貧乏です。「水じゃ駄目なんだ、肉をよこせ、肉を!」というのは、百姓一揆のキャッチフレーズです。これは今後も、自分のキャッチフレーズとしていきたいと思います。

ところで、神話には水に関係するものが偶にありますね。ギリシアの哲学者のタレスは、万物の根源を水と考えていましたからね、何か引きつけられるものがあるのでしょう。ためしに、水の写真を掲載してみましょう。

f:id:nisemono_san:20161007084753j:plain

水ですね。しかし、これだけだと、本当にただの水です。物語性とは反復によって生まれることが知られます。例えば、不吉な予兆を読者に伝えたい場合、木のざわめきや、風のささやきが警告を発したりするわけです。ということで、もう一度水の写真を入れてみましょう。

f:id:nisemono_san:20161007084756j:plain

水ですね。ところで、水には興味深い性質があります。それは水の常温がだいたい20度くらいだとします。これを1度あげても、まだ水ですね。さらに1度あげても、まあ水でしょう。ということで、これを繰りかえしていくと、65度であっても水ということになってしまいます。この水に入れるのは上島竜平くらいでしょう。不思議ですね。元の議論は「砂山のパラドックス」と言われるものなので、興味がある方は参考になさってください。

f:id:nisemono_san:20161007085724j:plain

多少泡だっているものの、あいかわらず水なのですが、不吉な予兆が出てきましたね。先程も伸べたように、物語の反復による伏線の回収に入ります。いったい餃子と水をならべてなにをしようとするのでしょうか。

f:id:nisemono_san:20161007090357j:plain

善良な餃子が水に入れられていきます。

f:id:nisemono_san:20161007090421j:plain

この場合、沈んだら一般市民であり、浮いたら魔女ということになり、どちらの場合でもおいしく頂かれます。

f:id:nisemono_san:20161007090430j:plain

全員魔女でした。

f:id:nisemono_san:20161007092627j:plain

残念なことに、液体を捨ててしまいましたが、この魔女の液体は若返りの効果があり、不老不死が授けられる筈でした。おしいことをしました。次は富士山の麓に探しにいこうと思います。

f:id:nisemono_san:20161007093207j:plain

次は蕎麦です。ですが、あと100回茹でることになると思われるので省略です。

f:id:nisemono_san:20161007093432j:plain

味は正直フーム感でした。日々精進ですね。ごちそうさまでした。

参考文献

初期ギリシア科学―タレスからアリストテレスまで (叢書・ウニベルシタス)

初期ギリシア科学―タレスからアリストテレスまで (叢書・ウニベルシタス)

  • 作者: G.E.R.ロイド,Geoffrey Ernest Richard Lloyd,山野耕治,山口義久
  • 出版社/メーカー: 法政大学出版局
  • 発売日: 1994/12
  • メディア: 単行本
  • クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

魔女狩り (岩波新書)

魔女狩り (岩波新書)

竹取物語 (岩波文庫)

竹取物語 (岩波文庫)