読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#つくりおき

一人暮らしをする男性の雑な料理たち

引越しそばおき

image

id:r7kamura です。このたび引越しましたので、慣例に従い、引越し蕎麦を打ちました。欲張って具を載せすぎてしまい、麺は見えません。

材料

  • そば粉 200g
  • 強力粉 200g
  • 豚こま 400g
  • ねぎ 多いと良い
  • 和風だし 6倍 100ml
  • 載せたい惣菜

工程

今回はそば粉と強力粉とこを5対5の割合でつくります。5割蕎麦です。

image

なんか滑らかになるまで練ります。この辺り滑らかにできないと舌触りに影響します。

image

気持ち丸くなるまで捏ねます。力がほしい。

image

これを正方形になるように麺棒で引き伸ばします。1.5mm程度が良いとのことで、そうなってくると麺棒は40cmぐらいの大きなものが欲しい。

image

4つ折りにした後、3つ折りにして包丁で切れる程度の大きさにします。

image

引越し直後というのはバタバタするものですので、万が一包丁が手に入らなかった場合はこのようにMacBook Airなどで代用すると良いでしょう。

image

あとは普通の蕎麦と同じで、具材などを適当に入れると良い。今回は蕎麦に入れる和風だしで先に豚こま肉を煮たものを入れました。

image

蕎麦本体失敗時のことも考え、惣菜のかき揚げなどが得られると良い。今回はお揚げが手に入ったため、魚焼き器で焼きました。他に日本酒、寿司などが合う。

image

なお1人分盛ったものと寿司が余ったので、冷蔵庫に入れておき、翌朝干上がったものにお湯とだしを掛けて頂きました。どん兵衛的な感覚で意外といけますが、朝からめちゃくちゃ眠くなり、このあと以前の住居の鍵の返却立会時刻に寝坊することになります。

サンキューです。