#つくりおき

一人暮らしをする男性の雑な料理たち

天然ブリの照り焼き

id:UDONCHAN です。そういえば、なんで毎日自炊できるのかという話を会社の人としてたんですけれども、多分ストレス解消だと思います。

_8001933.jpg

さて、こちらは天然ブリの切り身です。いわゆる寒ブリというやつですね。旬なので安くてうまい。これで200円弱。

tsukurioki.hatenablog.com

以前に、真鯖の記事でも書いたのですが、旬のある魚はその時期を逃さず狙っていきましょう。

ところでブリについては、年中スーパーで見かけるみたいな声も聞こえてきそうですが、そちらは養殖のもので年中食べることができます。年中食べることが出来ますが、天然物と比べるとやや割高となります。見た目としては、今回使う天然のものと比べると身の色が随分と違うことが分かるはずです。養殖のものは色が白っぽく薄いです。

一般に、養殖ものは脂は乗っているが身があまり締まったおらず、天然のものは脂が乗っているかは価格次第ですが、身が締まっています。分かりやすく美味しさを示すと

高い天然ブリ>>>>>|超えられない壁|>>>>>>養殖ブリ≧安い天然ブリ

という感じです。高い天然ブリは高級料理店に卸されることが多いので、あまりスーパーには並ばないので見かける機会は少ないですが、一度味わってみるととても美味しくて驚くと思います。

今回はブリの切り身の調理方法として非常に一般的な照り焼きにしようと思います。それではやっていきましょう。

_8001936.jpg

焼いていく前に、まな板の上で塩をしたあとに熱湯をかけて臭みをとっておきます。

_8001938.jpg

今日はテフロンのフライパンを使います。まずは中火で焼いていきます。クッキングシートを敷いておくとフライパンに臭いが残らず便利です。

_8001943.jpg

片面が焼けたら酒、醤油、味醂、砂糖を混ぜたタレを少しずつ、用意した分量の7割程度を入れていきます。総分量およびそれぞれの分量については、お好みで味見しながら調整してください。煮詰めたときにちょうどよくなるようにやや薄めに感じる程度に調整します。味醂だけでも十分に甘味を出すことができますが、砂糖を使うと完成時の照りがよくついて見栄えがよくなります。

_8001947.jpg

両面が焼けたら、再びひっくり返して、タレの残りを入れ強火で照りをつけて行きます。焦がさないように気をつけましょう。

_8001950.jpg

お皿に盛り付けたら完成。うまく照りがついたのでとても美味しそうですね。和食は5感をフルに使って楽しめるような工夫が多分にあって豊かですね。

味をつけてないほうれん草のおひたしを、照り焼きのタレにつけながら食べるのが好きなんでよね。ほうれん草が常識的な価格に戻りつつあって本当に良かった。

日本酒舐めながらちびちびいただきました。焼き加減がうまくいくと、冷めてもふんわりしていて美味しいです。

_8001958.jpg

残りはつくりおきに…する予定でしたがうますぎて全部食べましたデブー。

tsukurioki.hatenablog.com

前々回と同じくまた語尾がデブーになってしまったデブー。タンパク質と野菜ならそんなに太らないという話もありそうだけれども、ちゃんと日本酒とご飯でバッチリ糖質とっててだめかもデブー。

痩せたら結婚できるというわけでもないけれど、痩せたいデブー。そして、34歳までになんとか結婚したいデブー。サンキューでしたデブー。

}); })(jQuery);