読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

#つくりおき

一人暮らしをする男性の雑な料理たち

ポークスペアリブのオーブン焼き

id:UDONCHAN です、ごきげんよう。丁寧な挨拶です。

昨日は後輩女史の結婚式二次会に参加しました。様々な人々からの祝福が感じられるハートフルな会でした。SNSを見ると皆愛されていると知ることができ、皆さんは知られていますか?

ところで、牛肉を食べた後は豚肉が食べたくなることが知られています。前回食べたビーフシチューは、3食ほど食べた後、残りは作りおきとして冷凍されました。

R0012443.jpg

そういうわけで、骨付きの豚肉をスーパーで買ってきました。ですので、焼いて食べようと思います。肉には予め塩胡椒で味をつけておきます。塊肉ですので、やや引くくらいの量で丁度良いです。時間がある方はつけ汁を作ってマリネするのも良いです。つけ汁は、塩胡椒、醤油、酒、味醂を煮詰めたものに少量の食酢を加えたものなどが良いです。

野菜は玉ねぎと人参です。本当はパプリカとかピーマンとかも入れようと思ったんですけれど、冷蔵庫の中で遭難しました。

この手の塊肉は前回のビーフシチューのような煮込み料理ではあまり問題ないのですけれど、焼くとなると結構難しいです。フライパンで焼く場合においては、表面は良い感じでも生焼けだったり、火をちゃんと通そうとして黒焦げになったりということが想定されます。蒸し焼きにすると幾らかマシなんですけれど水っぽくなったりという別の問題が生じます。今回は文明の利器であるところのオーブンを使うことで解決しました。

R0012449.jpg

R0012451.jpg

まずはじめに、フライパンで食材の表面に焼色をつけます。オーブンは熱容量で火を入れる調理器具なので、焼き目によるメイラード反応に由来をする旨味の獲得が期待できません。ですので、予めフライパンで表面を高温で熱して風味をつけておきます。表面のコーティングで味を閉じ込める効果があるという説もあります。しかし、真偽は不明です。実際のところ表面を黒焦げにしても、肉汁は流れだすのでおそらくは嘘科学の類だと思いますが、信じる者は救われるという話です。

あと、裏番組でオーブンを200℃くらいに余熱しておきました。ちなみに、僕の使ってるDeLonghiのコンベクションオーブンは、作りがポンコツなので、実際の温度はサーモスタットの機嫌に左右されます。皆様なりの温度設定を試してください。

R0012455.jpg

R0012457.jpg

焼き目をつけ終わったら、トレイに並べてオーブンにインです。下段のトレイに水を張っておくと、食材が乾燥しすぎることを防ぐことができます。このまま30分ほど放置しましょう。もっと低温にして長い時間をかけても良いかもしれません。

R0012464.jpg

お皿に盛りつけました。肉汁というか豚の脂が染みこんだ野菜が異様にうまく、玉ねぎは倍量ほど入れても良かったのではという反省がありました。あと、やはりピーマンとかパプリカとかは忘れずに入れたかった。プチトマトにも参加権がありそうです。

R0012467.jpg

断面がほんとジューシー。食べたらやはりジューシー。最高の体験。

いかがだったでしょうか。オーブン料理は放置するだけで最高の火加減となり、雑な一人暮らし男性に大変お勧めきる調理法だと考えられます。またご家族をお持ちの多忙な方々にも最適です。特に目の離せない小さなお子様がいらっしゃるご家庭なんかにも良いのではないでしょうか。

ですので、オーブンをお持ちでない方は是非導入してみればと思います。まともそうな見た目のオーブンレンジは、そこそこ高額であり、しかもその中でも安いものをと考えると性能が低い問題があります。しかしながら、サーモスタットの機嫌にやや振り回されることが許容できれば単機能オーブンという選択肢もあります。熱風オーブンであるとかコンベクションオーブンであるとかが、色々捗って良いと思うので、今すぐ買え。トースターの代わりにもなって、フライパンで食パンを焼く必要も無くなって最高の人生。最高の人生に結婚が必須であることが知られています。また、ここいらでサンキューだったことも知られています。

関連情報

DeLonghi公式サイトだと安い製品が掲載されていなんですけれど、2万円以下で購入できることが知られています。2段調理ができるもう少し大型なものがより便利であることも知られています。

magazine.kakaku.com